過払い金とは

『過払い金』という言葉を良く聞くようになりました。
言葉自体は良く聞いても、その意味自体を把握していない、という方は多いでしょう。
では『過払い金』とは一体何のことなのでしょうか。
私達は消費者金融などからお金を借りるとき、いわゆるキャッシングやクレジットカードの分割利用を行ったとき、決まった利子をプラスされて借りています。
返済するときに、その利子分がプラスされた額を、何回かに分けて返済することになります。
この利子は、ある程度消費者金融側で決めることができます。
法律では、消費者金融側は「29.2%」という決まったパーセンテージ以上の利子を掛けることは禁止されていますが、さらに細かく分けると、10万円~100万円の貸し付けに関しては、『18%』というように決められていたのですが、実際に10万円~100万円の貸し付けに関して、18%以上の利子を付与して貸し付けていた業者が非常に多くありました。
当然、29.2%以上の利子を付与することは違法ですが、18パーセントから29.2%の間の「グレーゾーン金利」として、利子を付与していたのです。
そのグレーゾーン金利の分が実際に返還してもらえるようになり、いわゆる「過払い金請求」を行うことによって、それが可能になるのです。

基本的に、過払い金請求は弁護士を通して行います。
債務整理等の際、この過払い金請求を一緒に行うことによって、かなりの額が返還されてくる場合があります。
もちろん過払い金返還があるのは、グレーゾーン金利での融資が過去に適用された場合のみです。



◆関連サイト
過払い請求をすることでグレーゾーン金利で支払っていた利子が返還してもらえます =≫ 過払い請求

Copyright © 2014 過払い請求は弁護士に依頼 All Rights Reserved.